インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けるというのもありえます。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯科医院が増えています。全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。
また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ