どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。それは違います。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。検査で問題になることはまずありません。
一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。
チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。
また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。
ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
インプラントなら岡山県津山市の北歯科医院がおすすめ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ