インプラントは歯根部がチタン製であるこ

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。
それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ