一般的にはインプラント埋入手

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。
インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことが必要条件です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。
従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ