インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに相当差が開きます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも考えるべきです。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れるしかありません。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察を受けましょう。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごさなければなりません。
日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はつらくても禁煙するのが正解です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ