費用は他の歯科治療より高額

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。
安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ