大切なのはどんな歯科医にかかるか

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところまだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ