周辺の歯に関係なく治療したい

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ