インプラントの土台となるあごの骨に

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ