痛さを心配する必要はありません

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。
毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ