単純に入れ歯は嫌という方に

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
全てのインプラント治療にとって大事なのがどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。
どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ