成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。
加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。
その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。それは本当のことではありません。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
そのため、MRI検査は問題なくできます。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は他の歯科治療と比べても高額です。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。
あま市でインプラントの認定医をお探しならひろいし歯科クリニックがおすすめ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ