虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。
保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。
それは違います。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。高い費用も、一括払いには限りません。分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。
本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ