他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。
保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。
全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。
手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ