治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。
安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。
チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ