インプラント手術とは、失ってし

インプラント手術とは、失ってしまった歯を取り戻すための治療です。デンタルクリニックはコンビニの数よりも多いですが、インプラント手術のできる歯科クリニックは全体の約20%ほどしかありません。数少ない歯科医院の中から本当に信頼できる歯医者さんを探すことが大事です。インプラントはメリットが大きいと聞いて受診した歯科医で、「あなたはインプラントにできません」と言われたらどう思いますか。そんな時はがっかりせずにむしろ助かったと思いましょう。悲惨なのは、症状と自分の技術でカバーできる範囲がバランスが取れないことが分からない歯医者さんです。インプラント治療を受けるのに、年齢制限の上限はありません。
逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けられます。
70歳以上の方であってもインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。ただ、年齢的には問題はなくても持病によっては諦めざるを得ない場合もあります。
インプラント治療で多くの方が気にしているのが痛みに関することです。金属の細い棒を歯茎に埋め込むわけですから、とんでもない痛みをイメージしがちです。
でも実際は、麻酔が充分に効いていますので、せいぜい抜歯と同程度位の痛みしかありません。
親知らずを抜歯するぐらいの痛みしかないんです。インプラントの埋入手術を受けたくても、手術自体が恐ろしくて最初の一歩が踏み出せない、という方もいらっしゃいます。
あまりに恐怖心が大きいと手術全般にわたって余分な反応をしてしまい、危険なシチュエーションを自らの手で作り出してしまいます。
実はありがたいことに、恐怖心を取り除くことのできる麻酔があります。
インプラントで頼れる歯医者さんは、他の歯科医院では断られるような難しい症例でも問題なく対応できる歯科医、とも言えます。
難症例で代表的なものに『充分な骨がない』という症状があります。現在では骨造成という技術が広まっているので、必要な場所に骨を創ってそこにインプラントを埋入します。
インプラントの寿命が気になりますが、包み隠さずに言えば断言できる人はどこにもいません。インプラントが一般に広まってまだそんなに時間が経っていないので証明できるほどのデータが集まらないのです。
高齢者が多いこともありますが、インプラントは死ぬまで満足のいく役割を果たしているようです。有識者によれば、インプラントの寿命は40年から50年は大丈夫とも言われています。
あまり知られていませんが、最近まで大学ではインプラントを教える授業がありませんでした。
歯科医たちはインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、インプラント学会に所属するなどして、知識や技術を身につけてきました。最近の大学ではきちんと教えているので、今後インプラントに取り組む歯科医が増えそうです。
インプラント手術のできる歯科医院は全体の約2割程度しかありませんが、その中から全幅の信頼を寄せられる歯医者さんを自力で見つけ出すのは困難を極めるかもしれません。
もしあなたが切にインプラント手術を希望するなら、まずはしっかりと情報を集めることから始めることをおすすめします。
高血圧・糖尿病・心臓疾患・呼吸器疾患などをお持ちの方は、インプラント手術ができない場合が多いようです。それでもインプラントを希望されるのなら、かかりつけのお医者さんとよく相談してから決めた方がいいでしょう。インプラントにしたい妊婦の方は、子供が生まれてから日常生活に戻ってからにしましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ