インプラント治療を希望する代表例

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。
周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。
院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。大まかな相場はありますので、心配しないでください。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ現状では確実な説はありません。歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ